フィッシング対策協議会の調査報告書に弊社のエンジニアが執筆協力を行いました

フィッシング対策協議会の認証方法調査・推進ワーキンググループからインターネットサービス提供事業者に対する 「認証方法」 に関するアンケート調査結果報告書が公開されました。

インターネットサービス提供事業者に対する 「認証方法」 に関するアンケート調査結果報告書を公開 (2019/07/01)
https://www.antiphishing.jp/news/info/wg_auth_report_20190701.html

Capyでは、エンジニアの松本悦宜(まつもと・よしのり)がワーキンググループのメンバーとして執筆協力を行いました。

本報告書内では、事業者が認証で採用している方法として、ID / パスワードのみの認証が 77 %と多く、パスワード情報を平文で保存していると思われるケースが 13.6 %もあることがわかりました。

Capyでは認証機能に対するパスワードリスト攻撃やボットによる攻撃を守るCapy パズル CAPTCHACapy アバター CAPTCHAや、FIDOと呼ばれる国際規格を利用しパスワードレスのシステムをつくる生体認証のソリューションを提供し、Webサイトのセキュリティ対策を支援しています。

 

本リリースに関するお問合わせ

【担当】小林 悟朗・杉 絵理子
【TEL】03-5413-7516
【e-mail】info@capy.me