株式会社ヤマダ電機様主催セミナーにて、「パズルCAPTCHA」「リスクベース認証」のご紹介

株式会社ヤマダ電機様主催のプライベートセミナーにて、パズルCAPTCHA」「リスクベース認証」のご紹介を致します。セミナーの詳細は以下の通りとなります。
——————————————————————————————————————————
【開催趣旨】
昨今日々多くのセキュリティ事故が毎週の様に報告されており、特に外部からの不正ログインによる情報漏洩、IDの不正利用などについては新たな攻撃手法が次々に考えられ日々サイト運営者様を悩ませているのが現状かと思われます。
今回は内閣サイバーセキュリティセンター、経済産業省、IPA等からのガイドラインの説明を通しサイバー攻撃に対する対策の考え方と従来まで方式と異なりユーザビリティを損なうことなくセキュリティを高めそれらの攻撃からお客様サイトを守るサービス「CapyパズルCAPTCHA」「Capyリスクベース認証」をご紹介致します。

■東京会場
〈開催日〉   2018年3月15日(木)15:00~17:00 (14:30受付開始)
〈開催場所〉  東京都港区虎ノ門一丁目2番8号 虎ノ門琴平タワー 3階会議室
〈定員〉    60名
〈お申込み期限〉2018年3月13日(火)

■講演会概要
〈参加費〉  無料(事前登録制)
〈対象〉   インターネット上でログイン画面をユーザに対して提供している事業者の方
〈主催〉   株式会社ヤマダ電機
〈共催〉   日本ユニシス株式会社
Capy株式会社
株式会社シャニム
〈プログラム〉
15:00~15:05 ご挨拶
15:05~15:45 Session1:「政府ガイドラインから学ぶサイバーセキュリティ対策の考え方」
        〜企業におけるサイバーセキュリティ対策のバイブル〜
■講師:日本ユニシス株式会社 ビジネスイノベーション推進部 ビジネス支援センター二室 永野田 淳一
    (元内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)内閣参事官補佐) CISSP,CISA,CISM,CRISC
■概要
日本年金機構等の情報漏えい事案を発端としてサイバー攻撃対策や標的型攻撃対策に関し、政府機関等から参考となるガイドラインや方針等が相次ぎ公表されております。
これらの文書には民間企業が取るべきサイバーセキュリティ対策についての重要な教訓が散りばめられています。
本セッションでは、これらの文書の中で中核をなす「内閣サイバーセキュリティセンター」や「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」等で言及されている対策の概要とその背景を分かりやすく解説します。
15:45~15:55 休憩
15:55~16:35 Session2:不正ログイン対策の決定版!Capy「パズルCAPTCHA」「リスクベース認証」のご紹介
■講師:Capy株式会社 事業推進部 シニアセールスマネージャー 中畑隆幸
■概要
外部からの不正ログイン攻撃手法やユーザ被害状況についてご説明いたします。
またそれらの対策となるCapy社の「CapyパズルCAPTCHA」「Capyリスクベース認証」のご紹介を致します。
16:35~17:00 質疑応答・アンケート

詳しいセミナーの内容やお申込みにつきましては、以下のページをご覧ください、
http://yamada-pcschool.link/3050/posts/news45.html