Capyとアルボラーダが生体認証を活用した入退場システムについて協業

3×3(三人制バスケットボール)の大会で実証実験

 

不正ログイン対策ツール「CapyパズルCAPTCHA」などの提供を行うセキュリティスタートアップであるCapy株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岡田 満雄、以下Capy)は、「3×3」バスケットボールのトップチームの一般社団法人アルボラーダ(本社:茨城県つくば市谷田部34-25 代表理事:中祖嘉人、以下アルボラーダ)と協業し、生体認証技術「FIDO」を活用したスポーツ観戦の入退場システムについて実証実験を行います。

本システムは、生体認証技術「FIDO」を活用して、スポーツ観戦のための座席の入退場管理を行います。現在、試合やイベントでの来場者管理では、係員がチケットを目視による確認を行い、観戦エリアの入退場を管理しています。本システムを活用することにより、来場者は生体認証による簡易な確認方法によって、スムーズに入退場することが可能となります。また、本システムでは、ECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」を用いて電子チケットの発行やグッズの販売時のログインも生体認証を行うことにより、パスワードを使用しないで購入が可能となります。

本システムの実用性を検証するため、アルボラーダが主催する試合や2018年10月21日(日)に新しく開催する3人制バスケットボール「3×3」のツアートーナメントのリーグ試合で実証実験を行う予定です。現在アルボラーダの試合では、入退場管理はリストバンドやQRコードを使用していますが、本システムによりチケットの転売や不正入場などを抑止する効果が期待されます。また、選手のファンイベントへの活用も期待されます。

image_20180920

※「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンの商標です。
※「FIDO」は、FIDO Allianceの商標です。

 

Capy株式会社

Capy株式会社は、“Security for All”をミッションに「Capy パズル CAPTCHA」に代表されるクラウド型不正ログイン・不正アクセス・なりすまし対策サービスの研究開発を行っており、情報セキュリティ技術を通して全てのひとが安心してウェブサービスを活用し、豊かに暮らせる社会の実現を目指しています。これまでに国内外の権威あるカンファレンスでの受賞は10を超え、「Capy パズル CAPTCHA」に代表されるサービスは大手クレジットカード会社、ゲーム会社、ポータルサイトなどの不正ログイン・不正アクセスなどのボットを利用した攻撃の対策に広く採用されています。

【社名】Capy株式会社(キャピーカブシキガイシャ)
【所在地】東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 3F
【代表者】代表取締役 岡田 満雄
【URL】https://www.capy.me/jp/

 

一般社団法人アルボラーダ

一般社団法人アルボラーダは、「3×3」のトップチームを中心とし、5on5ではBリーグのB3の下に位置する関東地域リーグで戦っているバスケットボール球団です。チームは、「挑戦し、新しく創造する」を掲げ、チーム名もスペイン語で「日の出」、「夜明け」を意味するチームです。チームの姿勢は、プレースタイルにも表れており、「チャレンジスピリット」の印象が残る数々の試合を行って、一つ一つトップチームは駆け上がってきたチームでもあります。スポーツと科学技術を融合し、新たな創造を起こすことにも取り組んでいます。研究者が多いチームであることも特徴の一つです。大学、企業と共同研究を取り組んでいます。

【社名】一般社団法人アルボラーダ(イッパンシャダンホウジン アルボラーダ)
【所在地】茨城県つくば市谷田部34-25
【代表者】代表理事:中祖嘉人
【URL】http://alborada.jp/

実証実験を実施する大会の予約は、以下のURLよりご登録ください。

http://alborada.jp/index.php/schedule

 

本リリースに関するお問合わせ

【担当】小林 悟朗・杉 絵理子
【TEL】03-5413-7516
【e-mail】info@capy.me

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。